Haluka’s blog

イラストレーター花佳のゆる〜いブログ

ガーベラを長持ちさせるには、ストローを使うと良い

今週のお題「植物大好き」

 

以前、

部屋にお花を飾ることに

凝った時期がある。

 

たいしてお金も持っていないのに、

駅に行くとつい

切り売りの花を2〜3本買ってしまう。

 

よく買っていたのはガーベラ。

色合いが鮮やかで、可愛らしく

ハリのある花びらが良かった。

 

子供の頃は

植物や花になんか、

全く興味がなかったのに

 

大人になってから

好きになるものがあるのだと

驚いた。

 

そして今

花の絵を描くようになった自分がいる。

 

 

 

 

f:id:halukablog:20160512150134j:plain

 

 

 

〜お花を長持ちさせる方法〜

うろ覚えですが

ガーベラはいつも10日〜15日くらいもったかな?

 

長持ちさせるために

いろいろやりました。

 

糖分?が良いというので

お水の中に一滴牛乳を入れてみたり。

 

日に当ててみたり。。。

 

 

でも、一番効果あったのは

ガーベラの茎をストローにさしておくことです。

 

どういうことかというと、

ガーベラって日にちが経つと

お花の部分と茎の部分の境目が

どんどん細くなっていって

水分が上までいかなくなるみたいで

花の色も悪くなります。

 

だから、ストローにガーベラをさして、

そのまま花瓶に入れてしまう。

 

なんていうか、

年をとって、ガーベラの首が細くなって

折れてしまいそうになるのを食い止めるために、

ストローでギプスをしてしまおうという

感じかな。

 

見た目、あまりよくないけど

驚くほどお花は

長持ちしますよ。

 

 

 

 

HPへ戻る → http://haluka.tokyo